大企業・一流企業に転職する方法は?職種の探し方や業種による違い

転職で大手企業に行きたいという方は多いのではないでしょうか。 大手への転職を考える方で職種はどう考えれば良いなどといった疑問を解消してきます。ぜひご覧ください。

toc

目次

visibility_off目次を非表示にする

転職で大手企業へ入れるの?

IT企業であれば大手企業への転職はよくある

IT企業であれば大手企業への転職はよくあるケースです。 リクルートやサイバーエージェント、ヤフーといった企業は年がら年中中途採用の活動を行っています。

IT業界は他の業界に比べて圧倒的に人材の流動性が高いです。 企業側からすればマーケットに影響を与えられる最新技術を追い求めていきたいですし、働く側・従業員側からすれば一つの企業で学べることは限られているので、一箇所にとどまっている理由がなくなるからです。

IT企業以外であれば、過去経験などの様々な要因が影響

IT企業でない会社に技術職以外のポジションで転職することも考えてみましょう。

例えば営業職であれば、過去の実績や経験、はたまた第二新卒に当てはまるか、前職の企業規模や企業内での自身の立ち位置等など、様々な要因が絡んできますが、十分に転職可能でしょう。

一方の事務職の場合、過去の経験が最重視されると考えて問題ないでしょう。 大手企業の場合、単純なオペレーションであれば、外部へ委託しているか派遣社員を雇って業務を回していることが多いです。また、外部から新たに人を雇うよりも、すでに社内にいる人員を不足ポジションに充てれば十分なことも多いです。社内の人員を不足ポジションに充てることができれば、社内スキルや社内の情報を持っているわけですから、外部から新規で調達するよりも働きの計算ができると言えるでしょう。 こういった状況ですので、事務職としてどのような経験を残してきたのか・周囲の人をどれだけ巻き込んで業務を進めることができるか、といったことが問われることが多く、事務職未経験の状況から転職するのはとても厳しい道になるでしょう。 第二新卒など社会人経験をあまり積んでいない状態からであれば、まだ事務職への転職も比較的しやすいのは事実です。しかし、営業職の経験を長く積んだ後、事務職未経験のまま事務職へ転職するのは、本人の特性や稼ぎのことを考えると積極的にはおすすめしにくいかなあ、というのが実情です。

大手の求人にはピンポイントで当てはまればとてもラッキー

大手企業の求人は狙いがピンポイントであることが多くあります。

中小企業・中堅企業であれば、1人で複数業務を対応せざるを得ないことが多く、様々な経験を積むことができるとも思います。一方で、1つのことに深く携わることは経験できないというのも多くの場合で事実だと思います。

大企業であれば、組織が細分化されていることが多く、役割も明確になっていることが多いため、狙いが明確なピンポイント求人になることが中小企業と比べても多いのでしょう。 ですので、そのピンポイントで当てはまる経験や語れる実績があるのであれば、それをキーとして求人に応募をしてみるのも良いのではないでしょうか。

大手狙いならエージェントを使うこと

大手は非公開求人がメイン

大手・超一流企業に転職したいのであれば、まずはエージェントを使うことを考えましょう。 というのも、仮に大手企業が企業ホームページ上に求人情報を出したとすると、求職者の応募が殺到してしまい、大量の応募に目を通すのにコスト・時間がかかってしまいます。そのコストを減らすため、大手企業はエージェントがフィルタを通じて求職者の情報を確認するということが往々にしてあります。 このような事情から、大手・一流企業へ転職したいのであれば、まず第一にエージェントを使うことを考えましょう。

大企業は経験・実績重視

未経験者を中途採用する理由があまりない

第二新卒は別物として、中途採用で求められているのは即戦力化できる人材です。 そのため、過去の経験や実績が求められることが多いです。大手企業へ転職することを最優先とするならば、過去に経験のある業務から絞り込みをかけていくのがよいでしょう。

まとめ

転職で大手ならエージェントを利用しよう

いかがでしたでしょうか。大手企業へ転職することは決して不可能ではないですが、応募ルートが限定されていることや、業種・職種による違いもあります。いずれにしても、まずは転職エージェントを利用することを検討し、エージェントと話をすり合わせる・相談するのがよいかと思います。