転職エージェントに相談をして、理想の仕事を見つけよう

キャリアコンサルタントやエージェント、アドバイザーの仕事は、依頼主である企業のために優秀な人材を見つけることです。この記事ではエージェントと相談を重ねて理想的な仕事を手に入れる方法を紹介します。

toc

目次

visibility_off目次を非表示にする

新しい職を探すのは大仕事です。

最適な求人情報へたどり着くのも大変

あなたに最適な求人情報が広く公開されていない場合もあるでしょうし、正しい方法で探せていないかもしれません。 だからこそ、転職エージェントのサポートが大きな価値を発揮するのです。 キャリアエージェントは、企業との幅広いコネクションを持っていて、適した人材を適した企業とマッチングすることに長けています。

転職エージェントをフル活用するための5つのポイント

目立つこと

まず何よりも、転職エージェントがあなたのことを見つけられるようにする必要があります。転職エージェントのウェブサイトに登録し、履歴書をサイトにアップロードしてください。大手転職エージェントであれば多くの場合でウェブサイト上にファイルのアップロード機能が備わっています。 次に、自分の長所と経験の短い紹介文を考えます。この自己PRは、企業に自分を売り込む際に役に立つでしょう。業界イベントでの人材交流であれ、オンラインでの存在感の確立であれ、正しいイメージで覚えてもらえるようにすることが重要です。

意思を明確にしてコミュニケーションをとる

エージェントとの初めての相談では、自分のキャリアの目標を詳しく説明してください。年収や勤務地の条件や、探している役職・ポジションを明確にします。どうしても妥協できない点や妥協できると考えている点も、はっきりと伝えてください。 これらの情報すべてが、転職エージェントの仕事を助ける要素となり、ひいてはあなたの転職活動を支えることになります。あなたに合った求人案件が出たら、キャリアエージェントの頭に真っ先にあなたのことが思い浮かぶようになるでしょう。

正直に話すこと

嘘や誇張も避けてください。あなたが自分のスキルや学歴、職歴を正直に話さないかぎり、仕事と人材をうまくマッチングさせることができません。 また仮に嘘・誇張で求人企業との面接までたどり着けたとしても、大変な思いをするのはあなた自身でしょう。面談でも嘘をつく必要が出てくるでしょうし、また、内定・入社できたとしても嘘をつき続ける・真実を隠し続ける必要がでてくるでしょう。

プロフェッショナルな振る舞い

面接結果が気になることはもちろん理解できますが、数日前に受けたばかりの面接結果を聞こうと転職エージェントに頻繁にせっつくのは良くありません。 エージェントは、同時に複数のクライアント(求人企業)と志願者を担当しています。絶え間なく連絡してくる相手ほど時間を取られてしまう存在はありません。定期的に節度を保った間隔でエージェントトに連絡し、新しい情報が分かったら教えてほしいと伝えるようにしましょう。

持ちつ持たれつの関係を作る

仕事が見つかればさようなら、という姿勢は禁物です。 自分の同輩や知人をキャリアコンサルタントに推薦し、良い関係を維持しましょう。これにより、次のキャリアの転機が訪れた時、転職エージェントもあなたのことをすぐに思い出してくれるようになるでしょう。

まとめ

転職エージェントはあなたの味方

エージェントとの相談は転職活動、ひいてはあなたのキャリア形成の強い味方となります。履歴書のブラッシュアップを手伝ってくれたり、面接のコツを教えてくれたり、さらには業界のトレンドや求人企業の貴重なインサイダー情報を提供してくれたりする可能性があります。優秀なエージェントとは長期にわたる良好な関係を築くのが良い選択でしょう。