効率的なキャリアの積み方とは?【キャリアの考え方について】

継続的な学習計画を立て、効率的にキャリアマネジメントをすることで、より確実にキャリアを積んでいくことができます。 キャリアを積むためには、単に与えられた仕事を懸命にこなしているだけで満足してはいけません。もし「より多くの給与を得たい!」といった野心家であれば、このことは十分に理解していると思います。また、どんな人生を歩んでいきたいか、仕事で何を達成したいかについて、明確なビジョンを持っていることでしょう。 けれども問題は、どうすればその目標を達成できるかです。 常に前進し続け、望むスピードで進歩していくには、効率的にキャリアマネジメントをすることに徹しなければなりません。 会社が研修やセミナーを実施してくれたり、教育用の資金を援助をしてくれたりということもあるかもしれません。とはいえ、プロとしての学習は、個々人のニーズに合わせて設計してこそ、最も効果があります。 それゆえに、継続的な学習計画を策定することがとても理にかなっています。では、以下で具体的に見ていきましょう。

toc

目次

visibility_off目次を非表示にする

専門的な能力開発の重要性

多くの会社が能力開発を重視しているのは何故?

本当に多くの会社が社員の能力開発や学習を重視しているものなのでしょうか? その答えは「YES」です。 多くの会社組織では、評価が高く、継続的な専門的能力開発の研修で、社員個人の潜在能力を覚醒させるサポートをしています。 能力開発に積極的に取り組むことで、今の職務を発展させ、仕事からさらに大きな満足感を得るとともに、今の仕事の能力を高めたり、キャリアの転機に対応するのに役立つでしょう。

客観的に自分を評価すること

プロであるからには、自分の仕事ぶりを客観的に評価し、力を蓄えるための時間を取るキャリアマネジメントを習慣にするべきです。さもなければ、すばらしいチャンスを逃してしまうかもしれません。 継続的な学習は体系的なアプローチを取るのがベストです。計画を書いて見える化し、達成したい目標を設定することによって、自分の考えを決意として固めることが重要です。

継続的な学習計画の立て方

学習計画に盛り込む内容

では、その計画に何を盛り込むべきなのでしょうか。 通常、現在のプロジェクトやキャリア開発に関係する問題点、つまり何がうまくいっているか、反対に何がうまくいっていないかを考慮して策定します。 他には、学習と能力開発のニーズ、必要なリソース、能力開発を助けてくれる人、克服すべき問題、短期と長期の目標なども考える必要があるでしょう。

期日を明確にすること

ほとんどの継続的な学習計画は、それぞれのタスクの時期を定めることで、キャリアの目標達成に向けて着実に歩みを進めていけるようにします。 ここで大切なことは、必ず時期を定めて、その目標達成に向けて力を注ぐことです。

即座に行動する

今すぐ取れる行動があるかもしれない

会社で行われるパフォーマンス評価は、職務や会社特有のものである可能性が高く、あなたの長期的なキャリアの目標には即していないかもしれません。 実際に、今の会社で提供される研修や能力開発に欠けている要素があるのであれば、それをどこで埋めるかを考えなければならないでしょう。