転職の面接がうまくいかない理由とその基本対策3選

転職の面接がうまくいかなくて悩む方も多いのではないでしょうか。

転職で成功するために必要なのは、いかに自分自身を客観的に捉えることができるか、という点に尽きると思います。 以下で具体的に説明していきますので、ぜひ参考にしてください。

toc

目次

visibility_off目次を非表示にする

なぜ面接がうまくいかないのか

「自分目線」から「企業目線」に考え方を改めよう

面接官が知りたいことは「あなたを採用したら企業内で活躍できそうか」という点に絞られます。

そのため、あなたがやりたいことや興味があることは、あくまで二の次です。 面接では自分が入社したら何を提供できるのか、という営業的な観点を忘れないようにし、自分が答えたいことではなく相手が知りたいことを答えましょう。

「実務経験」がかなり重要視される

新卒と比較して大きく異なるのが、社会人経験値があることです。 そしてその経験のなかで、「どのような成長をしたのか」「どのような困難を乗り越えてきたのか」という具体性のあるエピソードを聞いたうえで「自社に合いそうか」「自社でも活躍することができそうか」をジャッジがしたいのです。

中途採用は即戦力が求められることが非常に多いですので、前職で身につけた技術や資格がかなり重要視されます。 ですので、実務経験がない職種への転職はとても大変だということを認識しましょう。

未経験分野・職種への転職は決して不可能ではありませんが、とりわけ年収の条件は落として考えるのがベターです。 単に文系職種であっても、営業系職種と事務系職種は大きく異なります。そういった状況を認識しないまま条件を下げずに戦うのは、求人の門戸を大きく狭めてしまうでしょう。

対策その1:しっかりと準備すること

頻出の質問に対しては回答準備を

当然のお話ですが、「転職理由」「志望動機」「過去の経験」といったググれば出てくる程度の頻出問題に対しては回答を準備しておきましょう。

決して全ての質問に対して流暢に答える必要はありませんし、そのようなことはできませんが、準備をしっかりとした状態で臨む面接とそうではない面接とでは自信の持ち方が大きく変わってくるはずです。

対策その2:条件を絞りすぎない

門戸は広めにしよう

条件を絞りすぎてしまい相手が強者だらで、決して面接が悪くなくとも負けてしまうのもよくあるケースです。

誰にでも譲ることができない条件はあると思います。 休暇日数・職種・給与・人間関係etc...。色々と条件はあると思いますが、あまりに条件を絞りすぎてしまうと、そもそも絶対的な求人数が少なくなります。

例えば年収1500万円以上を希望するとなると、業界・職種も限られ、経験がある強者が自身の相手になることは容易に想像できると思います。 採用する側としても、複数人候補者がいる場合は、その中で一番良い候補者をピックアップしますので、あなたの面接が悪くなくてもより良い候補者がいたら負けてしまいます。

自身が転職で最も成し遂げたいことを念頭に置きながらも、何かしらで妥協する余地があるのかはよく考えたほうが多いと思います。

対策その3:面接官の質問に答えること

質問に対して端的な回答をすること

緊張したときに最もやってしまいがちなのが、質問されてもいないことに対してベラベラと喋り続けてしまうことです。 まずは面接官の質問に対して端的に回答し、面接官の様子を確認しましょう。

端的に回答する前に必要なことは、回答をはじめる前に話の内容を冷静に組み立てることです。 落ち着いて話を組み立てるためには多少の時間も必要かと思いますが、そんなときには面接官に質問内容を確認し、時間を稼ぐのもアリだと思います。

答えた後の面接官の様子を見て追加アピールの判断

質問に端的に答えているだけではアピールが難しい場合も出てくるかと思います。 そんな時には、面接官の様子を伺って、もっと話をしてほしそうであれば「話を続けてよいですか」とひと言聞いてみましょう。

例えば面接官から過去の実務に関する質問がきた場合、質問に対しては端的に回答しましょう。 過去経験の質問ですので、経験から身につけたこと・習得した能力は一緒には答えなくて大丈夫です。

過去経験の回答を終えた後に面接官の様子を確認し、話を続けることができそうであれば「併せて経験から身につけたこと等もお話してよいですか?」と聞いてみましょう。 習得した能力よりも他に面接官が知りたいことがあれば面接官側から別の質問がくるでしょうし、面接官が習得した能力を知りたいのであれば、そのまま話を続けましょう。

面接とはいえど相手は人間ですので、自然なコミュニケーションをとれるように心がけましょう。

まとめ

自分自身を客観的に見ることが大切

面接がうまくいかない場合に確認してもらいたいことをまとめましたが、いかがでしたでしょうか。 1つでも参考になることがあり、あなたの転職の成功につながれば幸いです!