転職面接で頻出の質問4選

面接で尋ねられる質問に対してどのように答えるか、そしてどのように振る舞うかはあなたの採用の可否を決める重要な要素です。

事前に質問されることが予想できるのであれば、その質問については事前準備をすることができます。 つまり、自分がその職に適した人間であることをアピールする絶好のチャンスになり得ます。 具体的な質問を以下に挙げていきますので、ぜひ参考にしてください。

toc

目次

visibility_off目次を非表示にする

よくある質問その1:自己紹介

ご自身についてお話下さい

最も典型的な質問の1つです。抽象的なので答えるのが難しい質問です。

最も良い回答へのアプローチは、その募集枠に自分自身が相応しいということのアピールにつながる自分のバックグランドにフォーカスを絞ることです。 そこから、今回応募した職種や会社についての興味について話しましょう。

よくある質問その2:前職のこと

前職についてお話下さい

非常に多くの面接官が、あなたの直近の職務内容と現在募集しているポジションの間に直接的なリンクを求めています。

ここであなたの関連するスキルと詳細を、 ・誰に報告・相談していたのか、 ・チームに何人いたのか、 ・何人のマネジメントをしていたか、 ・会社の中でのあなたのポジション、 ・どのように業績・業務に貢献したか 等を交えながら話をしましょう。 また、回答があまり概要に留まり過ぎないように注意しましょう。

よくある質問その3:あなたの強み

あなたの強みは何ですか?

募集ポジションの職務条件は、多くの場合で広範囲のスキルを持っていることが要求されます。

履歴書には応募する職種に最も適切なスキルを選んで記載をしたいところですが、企業は柔軟に対応できる能力にも価値を置いています。 確立したコミュニケーション力や、チームとして働く能力など、どんなポジションにおいても関連する強みに関しては強調しておきましょう。

よくある質問その4:困難な経験

これまでに経験した一番難しかった問題は何ですか?それをどのように解決しましたか?

この質問では、困難な状況に対してあなたがどのような解釈をし、どのように解決していくのかを見極めるために面接で聞かれることです。

応募している職種に関連する内容で、過去にあった業務での難しい問題や課題の2〜3つをピックアップしておき、回答も事前に用意しておきましょう。

まとめ

回答の準備をして面接に臨もう

上記でご紹介しました就職面接で聞かれることのリストは、当然、全てを網羅したものではありません。 しかし、面接の家庭の中で多く接する機会があるものです。 希望ポジションを手に入れられるよう、面接での回答を事前準備しておきましょう。 そして、面接を成功へと導きましょう!