入社承諾のやり方とは?入社連絡のマナー・メールの書き方(例文付き)

内定の連絡を受けた場合、どのようなメールを返信をすべきか、また、そのメールの文面をどのようにすべきか迷ってしまう方は多いのではないでしょうか。

重要なポイントとしては「簡潔」で「丁寧」かつ「迅速」に、という点です。

具体的に説明していきますので、ぜひ、参考にしてください。

toc

目次

visibility_off目次を非表示にする

メールを書くときは簡潔かつ丁寧に

読みやすいメールは好印象

ビジネスメールで何よりも重要なのは、伝えるべきことを簡潔・丁寧に伝えることです。

丁寧であっても長々として要点がわかりにくい文章は読み手からすると大変です。また簡潔であっても丁寧さを感じられないぶっきらぼうな文面では、読み手を「この人、社内でうまくやっていけるかな・・・」と不安にさせてしまいます。


例文も参考にしつつ、以下の最低限のポイントはしっかり抑えてメールを送りましょう。

  • 自分の氏名 → まずは名乗りましょう

  • 内定へのお礼 → 内定の事実に対してお礼を言いましょう

  • 要件の記載 → その時々に応じて、内定受諾や、確認したい点を伝えましょう

  • 結びの文言 → その時々に応じて、よろしくお願いいたします、等など。

自分自身の考え・思いも述べよう

メールは電話等よりも気軽に連絡ができる等の強みがある一方、受信者からは送信者の顔が見えないので、送信者の真意が分かりにくい・送信者が意図していない受け取られ方をされかねないといった弱点があります。


ですので、淡々として事実だけを述べたメールよりかは、しっかりと採用担当者に熱意を伝えて「これから活躍するぞ」という意気込みを見せるほうがベターです。たとえ自分自身の力量に自信がなくとも、自分の力が役に立つと信じ、覚悟を決めて宣言をしましょう。入社前から「活躍できるか微妙...」と思われて良いことは一つもありません。

内定を承諾する場合のメール例文

例文1

(件名)
内定承諾のご連絡(自分自身の名前)

(本文)
株式会社XXXX
人事部
採用太郎様

お世話になっております。内定通知をいただきました(自分自身の名前)です。

この度は内定のご連絡をいただき、誠にありがとうございました。
御社からの内定をありがたくお受けさせていただきたいと思い、ご連絡いたしました。

入社後は、一日も早く御社に貢献できるよう努力して参りますので、これからどうぞよろしくお願いいたします。

貴社の皆様と一緒に働ける日を楽しみにしております。

-----------------
署名
-----------------  

例文2

(件名)
内定承諾のご連絡(自分自身の名前)

(本文)
株式会社XXXX
人事部
採用太郎様

お世話になっております。
先日、面接にお邪魔いたしました(自分自身の名前)です。

この度は、内定のご連絡をいただきまして、まことにありがとうございます。
ぜひ、貴社にて働かせていただきたいと思います。

入社日につきましては、ご指定いただいたXX月XX日で問題ございません。
貴社の皆様と一緒に働ける日を心待ちにしております。

それでは、今後ともよろしくお願い申し上げます。
-----------------
署名
-----------------

例文3

(件名)
内定承諾のご連絡/(自分自身の名前)

(本文)
XXX株式会社
人事部
採用太郎様

お世話になっております。(自分の名前)でございます。
内定のご連絡、ありがとうございました。
一日も早く、御社の戦力として活躍できるよう精一杯頑張ります。

さて、入社手続きに必要な書類などのご指示をいただければと思います。

お忙しいところお手数をおかけいたしますが、何卒よろしくお願いいたします。

-----------------
署名
-----------------  

メールは24時間以内に送る

7割を超える人が「1日(24時間)以内」に返信がこないと遅いと感じる

「ビジネスメール実態調査2017」(http://www.sc-p.jp/news/pdf/170602PR.pdf)にも記載されているように、ビジネスメールにおいては24時間以内に返信をしておくのが採用担当者の気を損ねないためにも無難です。

すぐにお礼の返信ができない場合は「内定の通知を確認したこと」「いつまでに正式な返事ができる見込みであること」を述べて、まずは返信することをおすすめします。

まとめ

「丁寧」で「簡潔」かつ「迅速」に

内定のお礼メールの書き方についてまとめましたが、いかがでしたでしょうか。

お礼のメールで大事なのは、感謝の意を「丁寧」で「簡潔」かつ「迅速」に伝えることです。気持ちが伝わるメールで、これから迎える会社での生活をより良くできるようにしていきましょう。