転職活動で複数内定を得た…内定承諾の決め手とするべき判断基準3選

複数の会社から内定をゲットできてしまったことにより、何を決め手として内定承諾とするか迷ってしまう方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そのような場合に何を決め手として内定承諾をするのが良いかをまとめました。

toc

目次

visibility_off目次を非表示にする

必須条件を改めて確認すること

まずは目に見える条件から確認する

まずは目に見える条件を確認しましょう。

企業側は内定を出すのとほぼ同タイミングで「内定通知書」「労働条件通知書」といった労働契約内容を書面またはPDFを内定者へ送付します。 その中には業務内容や賃金に関する事項が記載されていますので、必ず自身の必須条件と合致するかを照らし合わせましょう。

※なお、労働条件通知書は労働基準法で企業側が労働者に明示することが求められている書類です。労働契約の期間、就業場所、業務内容、始業・終業の時刻等は、必ず書面にて明示しなくてはなりません。

目に見えない条件が重要な場合、面談を申し込むのもあり

目に見えない条件とは、例えば残業時間の実態ですとか、業務場所の雰囲気・周囲の人間の雰囲気などといった条件のことです。

これらの条件は面接だけで見抜くことが難しい場合もあります。 どうしても不安な場合には、本当に内定を承諾して大丈夫なのかを確認するために面談を申し込むのもありでしょう。

必須ではない条件を決めること

全ての条件においてパーフェクトは滅多にない

必須条件とは言えないものの希望条件には入る条件を転職者の誰しもが持っているものかと思います。 その希望条件まで含めて全てパーフェクトにクリアする企業からの内定というのは滅多にありません。 このことをよく理解し、必須ではない条件(=希望条件)を明確にしてから、複数ある内定を比較・検討しましょう。

もし仮に複数ある内定の全てが必須条件をクリアする場合、希望条件の中で順位付けをして、上位にある条件を満たす内定を受諾する方向で考えるのがよいでしょう。

必ず給料・賞与の確認すること

給与・賞与は日々の生活に直結

給与、および賞与は社会人の生活にそのまま直結します。 企業によって給与・賞与の支払いは大きく異なりますので、給与の額面が必須条件でなくとも、必ず支払条件は確認しましょう。

賞与に関していうと、例えばベンチャー企業の場合は賞与がない代わりに月額給与が若干高めになる一方、古くから存在する日経企業では月額給与は控えめだが賞与が大きいなど、企業によって制度が大きく異なります (上記の例は一例ですので、必ず当てはまる訳ではないです)。

他には賞与の支払条件も大きく異なります。 ある企業では入社月から賞与算定に含まれる一方、またとある企業では1年間は賞与なし、またまたとある企業では次の人事考課期間から賞与算定の期間に入るなど、本当に企業によってバラツキがあります。

給与に関して言えば、勤怠の締めと給与払いがいつなのか、というのがバラツキのあるポイントといえるでしょう。

まとめ

条件は必須条件と希望条件に分けること

複数内定を得た場合の決め手となる判断基準についてまとめましたが、いかがでしたでしょうか。 条件等で迷った場合には他者に相談してみるのももちろんよいですが、最終的に決断するのは自分自身です。後悔をしないように、自分自身の判断基準を明確にして、気持ちよく内定承諾をできるようにしましょう。