転職活動における最低限のマナーとは?:転職心得4か条

転職心得4か条を守れば、求職者のありがちなミスを避けることができます。

転職をするのにもマナーがあります。自分勝手な転職活動をすればいいという訳ではありません。 「マナー」という言葉を聞くと、すぐに連想するのが公共マナーやフォーマルな夕食会での正しい振る舞い方、という方が多いかもしれません。ですが、このすべきこと・避けるべきことの礼儀作法は仕事探しにおいても応用できます。もちろん、転職活動マナーを心得ていると高評価にも繋がります。

以下で具体的に心得4か条を述べていきます。ぜひご活用ください。

toc

目次

visibility_off目次を非表示にする

転職の心得その1

応募先の企業をリサーチすること

面接前に、その企業についてできる限りのリサーチをしましょう。 会社のウェブサイトを見て、会社の方針・目標・過去の業績について確認しましょう。 また、アナリストによる評価を読み、企業の年次報告やメディアに関する情報に目を通しましょう。 できれば、その企業で現在もしくは過去に働いたことがある人物と話す機会を持ちましょう。

こうしたリサーチは、転職マナーであるだけでなく、転職活動のどの段階においても実用性を持つ収穫です。 この情報を使うことで面接時の質問で、その企業に対る自身の積極性と情熱をアピールすることができます。

転職の心得その2

文章でのコミュニケーションの素晴らしさを再認識すること

できるだけ最高の第一印象を作りましょう。

履歴書はあなたの第一印象として強く残り、最終的には次の面接のステージに移れるか否かを左右する大きなファクターとなります。

職務が明確になっていなければ、それを中心に真摯な態度で受け答えをしましょう。

転職の心得その3

できるだけ最高の第一印象を作ること

面接はあなたが会社に到着した瞬間から始まっています。 待合室での振る舞いも、実際の面接時と同じくらいの評価対象になる可能性があることを考慮しておきましょう。 会社の受付、オフィスのアシスタント、その他面接の前後に挨拶をする人にはフレンドリーに接しましょう。

受付や会社のどんな立場の人に対しても失礼な態度を取ることは、採用の決定に悪影響を与えます。

転職の心得その4

他人の時間に敬意を払うこと

面接時は時間に正確に、参考資料等の提出の要望には素早く対応すること。これは採用の通知をもらった時にもあてはまります。 すぐに返事をする準備が出来ていない場合は、担当者に感謝の意を表した上で数日後に連絡をする旨を伝えましょう。 返事をするまでの期間を伸ばすことは、採用先にはそのポジションに興味がないと理解され、早急に人材を欲している可能性のある先方にも不都合を生じさせます。

そのポジションを断ると決めた場合、エージェントまたは採用担当者にすぐ連絡しましょう。 こうすることで、先方は他の候補者にその機会を申し出ることができます。

まとめ

プロフェッショナルとしての立ち振る舞いを

いかがでしたでしょうか。 転職活動の間に出会った人々は皆、あなたのこれからのキャリアに影響を与える可能性があります。どんな人でもあなたの次の雇用主になったり、ネットワークづくりの鍵となる人物となるかもしれません。 転職マナーを学ぶことは全ての求職者にとって重要なことであり、プロフェッショナルとしての立ち振る舞いを見せることで成功へとつながります。